FC2ブログ

記事一覧

早く寝ようよ…

寒い季節には、夜は私の布団で一緒に寝てくれることが多い我が家の猫さんたち。

だけど、まつこちゃんは自分で布団に潜り込むことがどうにもヘタっぴ!

グイグイと入ろうとするのですが、頭で布団を押すばかりで一向に中に潜れません。

そして、布団がズレて私が寒い。

そのため、もう寝ようかな…という頃合いになったら、布団の端を持ち上げてまつこちゃんを誘うのが日課になっています。


こんな感じ ↓

201912032315325ae.jpeg

私「まつこ、もう寝るよ。おいで〜」

しかし、まだ寝たくない? ↓

20191203231743d02.jpeg


微妙な表情で、布団を前に何やら考えています。


まつこ「お布団の入口開いてる…」 ↓

20191203231952a5f.jpeg



まつこ「どうしようかな…」 ↓

201912032320382d7.jpeg



まつこ「入ろうかな…」 ↓

201912032359364f5.jpeg



まつこ「まだ遊びたい気もするけど…」 ↓

201912032323593fc.jpeg



まつこ「う〜ん…」 ↓

20191203232452cd2.jpeg

早く入っておいでよ。私、手が疲れてきたわ…

まつこ「入って欲しい?」 ↓

20191203232540145.jpeg

ハイ、是非とも!

そろそろ、布団を持ち上げた腕が限界です。


まつこ「でも、あそこに落ちてるボールも気になるの…」 ↓

20191203232823c9e.jpeg



このあたりで、長〜い間布団を持ち上げ続けた私の腕は、とうとう堪えられなくなりました。

あ〜、もうダメだ ↓

20191203233036a76.jpeg

バサッと布団の入口が閉じた途端。

まつこ「ちょっと、なんで閉じちゃうの?」↓

20191203233133616.jpeg


みたいなお顔で私を見るまつこちゃん。


慌てて再び布団を持ち上げる私 ↓

20191203233422ca0.jpeg

そして、また長考に入るまつこちゃん…

なんて油断していると、痛い目に合います。


この顔をしている時のまつこは、布団の中に入ろうかどうしようか迷っているように見せかけて ↓

20191203233601442.jpeg

布団を持ち上げている私の手に思いっきり猫パンチを繰り出してくるんですよ!


何故かわかりませんが、いつもそう。

何で? この手はアナタのために一生懸命布団を持ち上げている手なんですけど〜!?


猫パンチを避けた拍子に布団を取り落とすと ↓

2019120323401823f.jpeg



まつこ「ちょっと? また入口が閉じちゃってるわよ」 ↓

201912032343310ec.jpeg


まつこ「ねぇねぇ!」 ↓

20191203234416ea5.jpeg


なんて催促されるので、また布団を持ち上げる私 ↓

2019120323450897a.jpeg


そんなに催促するくらいだし、今度こそ入ってくれるんだよね? ↓

2019120323461169a.jpeg


…なんて、気を抜いてはいけません。


このお顔を見たら要注意! ↓

20191203234700399.jpeg

猫パンチは何度だって飛んできます。


思わず布団を放り出して手を引っ込めると ↓

20191203234851bcd.jpeg


閉じた入口が不満らしく…


まつこ「ここ開けて!」 ↓

201912032349557cc.jpeg



まつこ「お布団…!」 ↓

20191203235035bef.jpeg



まつこ「中に入りたい、入りたいの!」 ↓

20191203235115d33.jpeg


ガンガンアピールをするまつこちゃん。


ホントに?

今度こそ、本当に入るのね!?

布団を持ち上げると… ↓

20191204001250cd4.jpeg


おっ? ↓

20191204001317c51.jpeg


よ〜やく来た来た! ↓

20191204001405526.jpeg


これでやっと寝られる…

と思ったのに。


まつこ「やっぱり、や〜めたっ!」 ↓

201912040015432c6.jpeg


キャッキャ〜! と遊びに行ってしまいました。



毎夜この一連の流れを2〜3回繰り返した後、ようやく布団に潜ってくれるまつこちゃん。

寝るまでにずいぶんと時間がかかって困ります。
(しかし、まつこを迎え入れないで寝る、という選択肢はありません。だって、一緒に寝るのが嬉しい&可愛い&幸せですから…)


ちなみに。

梅吉くんも実は自分で布団に潜り込むのがヘタっぴです。

そんな梅くんがどうやって私の布団で一緒に寝るのかというと…


まつこがやっと布団に潜り、私がウトウト寝入りかけた頃を見計らったようにやって来ましてね。

私の肩口あたりの布団をポンポン、ポンポン! 叩いて私を起こし、布団に入りたいアピールをするのです。

布団をめくってやると、いそいそ嬉しそうに潜り込んでくる梅吉くん。

まつこのように長考からのやっぱりやめた〜! の繰り返しとどっちがマシかというと…手間のかけさせっぷりはどっちもどっちのいい勝負、かな。


そして、その途方もない可愛らしさもいい勝負! です。









関連記事



にほんブログ村 猫ブログへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅吉かぐや

Author:梅吉かぐや
2015年12月5日から、夫婦2人暮らしに猫2匹が加わりました。
白キジの男の子「梅吉」とキジトラの女の子「かぐや」
猫を飼うのは初めてなので試行錯誤の毎日ですが、楽しい日常を綴っていけたらと思っています。
どうぞよろしくお願いします。


その後、かぐやが3歳3ヶ月で亡くなり…

2018年9月28日、新たに元保護猫のキジトラ兄妹(竹千代くんとまつこちゃん)をお迎えしましたが、竹千代も1歳1ヶ月で亡くなり…

現在総勢 2猫 + 夫婦ふたり、の生活を綴っています。

検索フォーム

カテゴリ