見ないでほしいの

0 -
先日の記事 ↓

「強引すぎるから…」

でご紹介した通り、お誘いしては断られている、まつこちゃん大好き梅吉くん。


ですが、いつもいつも断られているわけではないのです!

何十回に一回はこうして ↓

202111231732397e7.jpeg

なかなかいい雰囲気に持ち込めることも!

うん、いい感じ、いい感じ ↓

20211123173355d9c.jpeg

まつこちゃんだって、梅吉くんのこと大好きだからね!
(梅吉のやることなすこと真似したがったり、来客や大きな音に驚いた時等、梅吉の後にくっついていったりしているまつこちゃんです)

そうやって、優しく紳士的に ↓

202111231736180ea.jpeg

お誘いしたら、まつこちゃんだってイヤとは言わないはずですよ〜。
(もちろん誘うタイミングも大事ですがね?)


梅くん念願の猫団子までもうひと息か!?

ワクワクしながら見守っていた私でしたが…

あれ? ↓

20211123173929e10.jpeg

やめちゃうの??

あともうちょっとだったじゃん!

なんで〜!?


梅吉「………」↓

2021112317410643f.jpeg


梅吉「あのさぁ」↓

20211123174204772.jpeg


梅吉「そんなにジーッと見られてたら落ち着かないんだよ」↓

202111231743055d9.jpeg


梅吉「ふぅ…」↓

2021112317434471e.jpeg


梅吉「ちょっとは空気読んでくれないかな」↓

20211123174434ebd.jpeg

まつこ「ほんとよねー」


…みたいな雰囲気になってない?


まつこちゃんが逃げる気配もないのに梅吉くんが引いたのは、そういう理由だったりする…? ↓

20211123174803b25.jpeg

まつこ「恥ずかしいから見ないでほしいの…」

的なまつこちゃんの気持ちを汲んで…??

あの梅くんが、まさかそんな!

梅吉「………」↓

20211123174959804.jpeg

あぁ、わかった! わかったからそんな目で見ないでおくれ。

邪魔者は消えるから、思う存分仲良くなさってくださいな…


このままじゃ、せっかくのチャンスを潰してしまいそうなので(そして梅吉に恨まれそうなので)

スゴスゴとその場を立ち去った私なのでした。


あ〜、猫団子見たかったなー!

ていうか、梅くんこの後上手くやれたのかな〜?
(↑見ていないのでわからないのです)


私が涙を飲んで見学を諦めたんだもん。

上手くいってくれたことを祈っています。







関連記事


にほんブログ村 猫ブログへ
ページトップ